AJMエンブレム
HOME >> Hightlight >> 2001プロステージ


2001年旭ジャズまつり
 2001年旭ジャズまつり、今年は曇り時々晴れという空模様で、暑からず凉しからずジャズを楽しむには良好な状況の中で秋吉さんの演奏に魅せられ観客が静まり返るシーンも有った今年のジャズまつりでした。

 平凡な時間が流れる日々、電車で目にした1枚のポスター。客としてではなく、何か自分にも出来る事があるのでは・・とボランティアのドアを叩いたのが2年前。旭ジャズまつりとの出会いである。
 2001年、夏。スタッフの作ったてるてる坊主のおかげで、絶好の舞台装置となる。 今年もやはり3回連続出演となった秋吉敏子さんに注目が集まった。
 ラストステージ。最初に秋吉さんのテーマ曲である 「LONG YELLOW ROAD 」が会場に流れた。撮影班でカメラを構えていた私は、ファインダーを覗きながらも圧倒された。静寂、かつ大胆な秋吉ワールドに惹きつけられ、スポットライトで照らされる巨人達をひたすらカメラで追った。
長くて短い1日が幕を閉じた。私の旭ジャズへの想いは、また動き始めた。

庄子


ハイライトTOP
アマチュア・ステージ
写真は演奏順です。
2001年 プロ・ステージ
    出演バンド
  • ・薗田憲一&デキシーキングス
  • (薗田憲一、薗田祐司、永生元伸、白石幸司
    筒井政明、楠堂浩己)
  • ・ヒロ近藤とカリフォルニアウェーブ
  • (ヒロ近藤、デイヴ・バイク、高瀬龍一
    岩佐真帆呂、竹内秀夫、小松誠司、北條直彦
    加藤 泉)
  • ・村田浩バップバンド
  • (村田 浩、澤田一範、村田 博、安東 昇
    山口新吾)
  • ・マーサ三宅&大橋美加+袴塚淳トリオ
  • (マーサ三宅、大橋美加、袴塚 淳、上羽康史
    渡辺 毅)
  • ・秋吉敏子ジャズオーケストラ
       featuring ルー・タバキン
  • (秋吉敏子、Lew Tabackin、Mike Ponella
    Jim O'Conner,John Eckert, Jim Rotondi
    Scott Whitfield,Steve Armour,Pat Hallaran
    Tim Newman,Dave Pietro,Jim Snidero
    Tom Christensen,Scott Robinson,Paul Gill
    Andy Watson,Valtinho)

夜風に吹かれJAZZを楽しむ

プロ・ステージの最初を飾るデキシーキングス

薗田憲一(Tp)と薗田祐司(Tub)

爽やかな演奏のヒロ近藤とカリフォルニアウェーブ


ビブラホンの達人 デイヴ・パイクとヒロ近藤(Ds)

澤田一範(As)と村田浩(Tp)

楽しい演奏を聴かせる村田浩バップバンド

素敵なボーカルリスト大橋美加

大御所の貫禄を見せるマーサ三宅

親子で謳いあげる

ラストステージを飾る秋吉敏子ジャズオーケストラ

素晴らしいサックスで観衆を魅了したルー・タバキン

秋吉敏子の熱演に会場が静まり返った


暦年のハイライト写真
2017ハイライト
2016ハイライト
2015ハイライト
2014ハイライト
2013ハイライト
2012ハイライト
2011ハイライト
2010ハイライト
2009ハイライト
2008ハイライト
2007ハイライト
2006ハイライト 2006 Valentine Concert
2005ハイライト
2005 Valentine Concert
2004ハイライト 2004 Valentine Concert
2003ハイライト
2002ハイライト  2002 Valentine Consert
2001アマチュアステージ
2001プロステージ 2001Valentine Concert
2000ハイライト
ページの先頭へ

Valid XHTML 1.0 Transitional ご連絡・お問合せなどはこちらのフォームからお願いします。

旭JAZZまつり実行委員会  AllRight Reserved